TOPへ戻る メインページへ 施設案内へ 建設記録 アーカイブへ 本木幸治と本木組へ
PAGE 01 PAGE 02 PAGE 03 PAGE 04 PAGE 05 PAGE06 PAGE07 PAGE08 PAGE09 PAGE010

 
 
[↑PREV]写真の右側をクリックすると次の写真が表示されます。全20枚[NEXT↑]
 

“竪穴に ぶっとい丸太 突き射さり” 本木 幸治


竪穴に ぶっとい丸太 突き射さり ヴィオ・パーク劇場の原初イメージである。人の手が介在しない土地に肉の取引が行われようとした。風景がバックアップ材料として俎板に乗っかって。いざ!旅立ちである。素人衆は怖い。しかし綿密に裏打ちされた超二流の設計者もしたたかで、気分を操るように小屋を透視する。骨太の精神は気がローリング・ストーンズでヘナチョコ歩きも得意であるのだ。 大きな庵なんてない。大きな茶室なんて。散歩なり、野点でもしていればいいのにとささやかれる。しかしその通りです。火をおこします。人がやってくる。目的もなく遠くからやってくる。喉の乾きがそのまま言葉となり、身振りとなり、「コーヒーください。」さあ、ヴィオ・パーク劇場が開店しまーす。
PAGE 01 PAGE 02 PAGE 03 PAGE 04 PAGE 05 PAGE06 PAGE07 PAGE08 PAGE09 PAGE10

ヴィオ・パーク劇場●長野県松本市刈谷原町西ノ沢392-1 TEL & FAX: 0263-64-2258
©2006 本木幸治事務所●長野県松本市丸の内5-11 TEL: 0263-32-1562 FAX: 0263-32-1569